スポンサーサイト

Posted by さくらコ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥトアンクアムン(ツタンカーメン)の王墓中で・・・

Posted by さくらコ on 08.2010 2 comments 0 trackback
ルクソールの西岸と言えば・・


王家の谷


ここに行かなきゃ・・ルクソールに来てる意味が無いっ!!!

でも初めは
ハトシェプスト女王の葬祭殿
ハトシェプスト女王の葬祭殿

誰って言われると・・・なんかスゴイ女王様。

戦争をしなかった女王様なんだって。
貿易に力を入れてたみたい。

ここはその女王様の葬祭殿
修道院みたいな感じみたい。

この時の気温 47度


・・・暑いじゃなく 熱い。

でも風があるから涼しかったり。
湿度が無いから・・・・・案外日本と比べると こっちの方がイイかもしんない。

紫外線さえなければ。

駐車場までは電気自動車で祭壇手前まで移動。


まだその当時のレバノン杉が残ってたり・・
当時の杉。

まだ残ってるのもスゴイ。

IMG_7187.jpg
坂道を上がって・・・

全く日影が無い(笑)

でもこの坂道を登りきったところからの景色が最高


右側に行くと・・・
アヌビス神の礼拝堂でアヌビス神を支えてみたり(笑)
アヌビス神の礼拝堂
もちろん当時のままの色。

卵白と石灰で絵具を作ってるんだって。

それが3000年経っても残ってるのがホントすごい!!

触って怒られましたけど。


ここのカフェテラスで『RED BULL』を飲んで元気復活(笑)


そして行きたかった場所へ。

ハワードカーターのお家。そこそこ山の上(笑)
誰ん家?

ツタンカーメンの王墓を発見した ハワードカーターのお家


砂山の上にポツンと。


暑そう・・・・・・・・・




王家の谷に到着。



はい。 カメラ全面禁止っ。 持ち込み自体が禁止されてます!



では…レポートになりますが・・・


王家の谷に入るのに80エジプトポンド。
ツタンカーメンの王墓に入るには別途 100エジプトポンド


初め、ラムセス3世の王墓へ入って…

暑いし臭いし埃っぽいし・・でブチブチ(笑)
当時の色彩とあのエジプトの絵にわ~って感動はしたけど・・・ココロ、ココニ、アラズ。


目指すは・・・トゥトアンクアムンの王墓。 

ツタンカーメンって Tutankhamun って書くの。
アラビア語でトゥトアンクアムン。

なんかね、見た後の名前が私の中でトゥトアンクアムンになっちゃった。
こっちの方がしっくりくる感じ(笑)


入り口からドキドキ・・・・

入り口のスタッフさんに「暑いね~」なんてニコニコ話してたら・・


(〃▽〃)キャー♪

お墓の中、 ガイドしてくれました!!!

※お墓の中のガイドは政府によって一切禁止なのにっ!


急な階段を下りていくと…

前室。ひんやりとした空気に包まれて・・・ 鳥肌。 王墓内の違った空気にゾワゾワ。


左側。   Tutankhamunのミイラ

・・・小さい。 ミイラだからドライになってるけどさぁ…

小さいの。細いの。 顔と足先だけ包帯を解かれた状態。
顔なんて手の平サイズ。

歯もしっかり残ってる。

これがTutankhamunなんだ・・


ケースの中は22度に保たれて
日本製のセキュリティに守られてた。 さっすが MADE IN JAPAN 


ミイラから後ろを振り向くと・・・ 玄室。


ここにはTutankhamunの壁画。

ところどころ黒い斑点が・・・

これが人間の息から出るバクテリアによるものなんだって。

この玄室にはミイラの入ってた最後の棺が安置されてました。
木棺に金メッキ。

それでも黄金の棺!って感じで光り輝いています。


木の柵で囲われてる玄室のほとんどの人が見ない場所。

左側の壁の絵。時間をつかさどるサルの絵はそのまま見れるけど、覗きこまなきゃ見れない場所。

柵から少し身を乗り出さなきゃ見れないんだけど…
これもスタッフさんが壊れそうな柵の上に乗ってごらんって教えてくれて・・

アヌビス神がいたっ。

しかも、めっちゃキレー。


玄室は神様に守られてました。


感動してるとスタッフさん 内緒だよって言うしぐさで・・・手招きしてくれて・・


Tutankhamunのミイラにライトを当ててくれたの!!!


※一般人は絶対禁止です!
スタッフさんは他の人がライトを当てた瞬間 怒鳴っていましたから!!出て行けのジェスチャーと共に!!


マジマジとミイラを見せてもらって・・これも感動。

しかもっ。
カーターが無理矢理黄金のマスクをはがした時に壊した首の傷も
ある場所からライトを当てないと見れないのに、そこも教えてくれたのっ。

3000年以上前のTutankhamunのミイラに壁画。
他の王墓とは違って小さな王墓なのに・・・・迫力がスゴイの。

スタッフさんには最後、お礼をしました。(1ドルだけど(笑))
受け取ってもらう時にすっごく感謝されて・・
バクシーシだったらありがと!って感じなのに、なんかすっごくありがとうって言ってくれたの。

バクシーシのためのガイドじゃなかった感じ。


Tutankhamunの王墓を見た後、他の王墓に入ったけど・・微妙(笑)

すごいんですよっ。装飾が。

でも、やっぱりTutankhamunの王墓の迫力には勝てないよね~って。


大満足の中、王家の谷を後にするのでした。


王家の谷の観光中、あの飛行機の後ろの座ってたおばぁ・・
ぶっ倒れちゃった。 あ~あ・・・

その後、ツアー客のアラ60グループのみなさんが介抱してました。
でも、ひとこともありがとう。って言ってなかったからさぁ…

そ~ゆ~おばぁなんでしょうねっ。

翌日、すっごく元気だったからあの回復力はスバラシイと(笑)


この日はホテルで就寝。

朝4時ごろ・・・・・コーランの大音量で起こされるなんて聞いてなかったけどっ!!!

ななんかインドネシア語みたいになっちゃのねツタンカーメン?写真見てその犬の絵触っちゃだめでしょって思ったらやっぱ怒られたのねえ
いや~~~そんなに?ミイラみちゃったのぉ?いや~~で?おばぁに呪いが?とんだの?だめよぉ飛ばしちゃ罪だわ笑。
2010.06.08 14:36 | URL | ようこさん。 #- [edit]
このアヌビス神の写真時は(^^)bGood! (OK!)って言ってくれてたんですよ(笑)
まだ露骨に触れてなくて(笑)
その後、別の場所を人差し指で触ってたらDO'NT TUCH!って(汗)
なんかね、大切なモンなんですけど、触れちゃうのでついつい・・・
そ~いえば遺跡に座ってたりしたり・・(汗)

私は呪ってませんのよっ。
おばぁが・・・おばぁが勝手にぃぃぃ!!って感じ(笑)
おばぁにミイラからのお誘いが来たのかと・・・(笑)あれ?わらっちゃいけない??
2010.06.08 15:17 | URL | さくらコ #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cherryblossom2.blog22.fc2.com/tb.php/1497-54647d3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。